子供の虫歯予防

なぜ?こんなに気を付けているのに出来てしまう子供の虫歯

こんにちは、5歳と2歳の子供を持つ主婦です。2人の子供を保育園に預けて仕事をしながら子育てに追われる毎日を送っています。

 

このご時世に、2人共保育園に入れたのは幸運でしたが、それでも何かあると仕事中に呼び出されて、バタバタと目がまわるような忙しさです。

 

その中でも、一番時間を取られるのが子供の虫歯治療で、予約をしていても待ち時間も長く、あっという間に半日かかってしまいます。

 

子供の虫歯は3歳までが肝心と言われていて、もともと赤ちゃんには虫歯菌はいないと言われています。だから、3歳までに、親とか兄弟の口から虫歯菌が移らないように気をつけていれば、その後も虫歯のリスクは少なくなるというのは知っていました。

 

私も普段から、絶対に口移しで食べ物を与えたり、大人の使った箸やスプーンを口に入れないように注意していましたが、それでも虫歯ができます。

 

乳歯が生え始めてからずっと、ちゃんと私が磨いていたし、自分で歯磨きできるようになってからも、私が仕上げ磨きを丁寧にやってきたつもりです。

 

それでも出来る虫歯・・・・空気感染でもしてるんじゃないの? と本気で疑いました。 

 

おやつも甘いもの、チョコレート、お菓子、飴などは、ほとんどあげていません。 普段のおやつは、お芋とかで、その甘さをつかって色々と工夫して作っています。 お菓子はたまに遠足とかお出かけの時に持っていくくらいです。

 

どんなに注意していても、次から次へと出てくる虫歯。 それに加えて、子供が虫歯になったとなると一番に責められるのが、母親である私です。

 

なんで私だけ責められるの? こんなに注意してやっていても、どうしても出来てしまうのに・・・。

 

上の子が2歳くらいの時、歯の仕上げ磨きをしていて、上顎の前歯と前歯の間に白くにごったような色の部分を見つけました。

 

“まさか・・・これって・・・虫歯じゃないよね!?”

 

祈るような思いで、すぐに歯医者さんに連れて行きましたが、典型的な幼児の虫歯のでき方だと言われました。

 

“先生! 私、こんなに注意していたんですけど・・・” と訴えるように言ったんですが、先生には

 

子供は食事の回数が多いから、よほどまめにお掃除しないと虫歯のリスクはあります。顕微鏡で見ると大人も子供も歯のくいしばりなどで細かい傷が見られます、そこに第三者からの虫歯菌が入ると虫歯になる可能性はあります。

 

というお話をいただきました。

 

虫歯ができやすい体質とそうでない体質の子もいるそうで、うちの子はどうやら虫歯のできやすいタイプかもしれないとも言われました。

 

 

確かに、毎日ずっと私がついていて、食事環境や歯磨きの仕上げまで完全に管理できるかと言われれば、仕事をしている現状では、それは無理です。

 

その中でも、できる限りの努力をしていただけに、かなりショックでした。

 

虫歯の出来やすい体質を変えられる!?

子供を虫歯から守りたいのに、出来ることはみんなやっているつもりなのに、それでも出来続ける虫歯。

 

母親として、申し訳ないという思いと、周囲から私の責任と責められる辛さ。

 

子供の中には、あまりお手入れしていなくても虫歯にならない子もいるみたいなのに、なんでうちの子だけこんなに虫歯ができるんだろうと不思議でした。

 

そんな時に、知ったのが、虫歯の出来にくい子供の研究から発見された善玉菌『BLIS菌』です。虫歯予防歯磨き粉として新聞で取り上げられていたのを偶然見たのがこれでした。



繰り返しできる、子供の虫歯をなんとかしたい!

 

結局きれいにしきれていなかった私のブラッシング

私も子供の虫歯予防には、かなりの時間をかけて歯磨きをしたり仕上げ磨きをしてきました。頑張っていたつもりでしたが、結局私のブラッシングでは、歯の汚れをきれいにしきれなかった。
それが、子供の虫歯が出来続ける一番の原因だったようです

 

一番弱くデリケートな乳歯の時から、歯を傷つけることなく、もっとしっかり磨けていたら虫歯でこんなに悩まなくてもよかったのにと思います。

 

今、上の子が5歳、下の子が2歳ですが、やっと虫歯が落ち着いてきました。この『ブリアン』を使い始めてから、子供たちが喜んで歯磨きをしてくれるようになり、仕上げ磨きもずっと楽です。

 

歯医者さんに行く時間とお金を考えると、思い切って使ってみて正解だったと思います。これで虫歯になりにくい体質になってくれたらと祈る思いです